エゼドック

エゼドック
サキカ先生の商品説明

エゼドック

 

 

 

エゼドックは、エゼチミブを有効成分とする小腸コレステロールトランスポーター阻害剤ゼチーアのジェネリック医薬品で、高コレステロール血症(脂質異常症)の治療に使われています。

 

高コレステロール血症は、脂質異常症、高脂血症とも呼ばれる疾患で、血液中にコレステロールやトリグリセリドなどの中性脂肪が、多脂質が増えてしまうという症状がおこります。

 

血液中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸という4種類の脂質がありますが、このうち、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロール、トリグリセリドなどの中性脂肪が増えると、血管に悪影響が出ます。

 

LDLコレステロールは、直接血管を狭め、血液の循環を妨げ、中性脂肪は、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールを減少させ、LDLコレステロールを増やす働きをします。

 

血液中にLDLコレステロールが増えると、血管の動脈硬化進み、血管が狭くなる、脆くなる、硬くなるなどの現象が起こり、血流の循環が悪くなります。

 

さらに病状が進むと、血管に血管の壁が剥がれてできる血栓がつまり、危険な症状を引き起こします。

 

LDLコレステロールや中性脂肪の増加は、高血圧、腎臓病を悪化させ、さらに脳梗塞、心筋梗塞などの深刻な病気を引き起こしやすい状態をしてしまうのです。

 

高コレステロール血症は、深刻な病気を引き起こす原因となる怖い病気ですが、自覚症状がない為、気が付かないうちに進行してしまう病気ですので、健康な状態であっても、注意が必要です。

 

特に内臓脂肪型肥満の人、糖尿病の人は、リスクが高いので、より注意が必要です。

 

高コレステロール血症の原因には、遺伝によって発症する高コレステロール血症と、他の病気や薬、生活習慣が原因となって起こる高コレステロール血症がありますが、エゼドックの有効成分であるエゼチミブは、そのどちらの治療にも使われる成分です。

 

 

 

用法・用量

 

・1日1錠(10mg)を食後に服用します。

 

・用法、用量は、年齢、症状、併発している病気に応じて変わりますので、医師の指示に従って服用してください。

 

 

 

使用上の注意

 

・肝臓病の人は、薬の代謝が順調におこなわれない為、薬の血中濃度が高くなる恐れがありますので、医師に指示を慎重に守って服用してください。

 

・肝臓病の治療の為にスタチン系コレステロール低下薬を服用している人は、この薬を服用することはできません。

 

・ネオーラルなどの免疫抑制薬のシクロスポリンが配合された免疫抑制剤、ワーファリンなどのワルファリンが配合された抗血栓薬と併用して服用すると、血中濃度が高まる恐れがありますので、他の薬と併用して服用する場合は、医師に指示に従ってください。

 


エゼドック (sanko00104)

定価(税込)
¥9,800
販売価格(税込)
¥9,800
内容量
100錠
在庫状態
入荷待ち
正規品100%保障!
入荷待ち