オブラル-L

オブラル-L
サキカ先生の商品説明

オブラル-L

 

 

オブラル-Lは避妊や生理不順を改善することを目的とした低用量ピルです。

副作用の少なさに定評があり、使用している方が多くなっています。

主要成分となっているのはレボノルゼストレル、エチニルエストラジオールの2種類です。

 

レボノルゼストレルは女性ホルモンの一種である別名「卵胞ホルモン」と言われています。

女性ホルモンと同じ作用があり、摂取することで更年期障害を治したり、閉経後の女性ホルモンの改善を努めるなどの役割があります。主に女性ホルモン補充療法として使われていて、骨を強くする作用もあります。

 

そして、もう一つのエチニルエストラジオールは乳がんや前立腺がんを治す治療薬としても用いられるもので男性ホルモンのアンドロゲンを抑制し、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する働きがあります。

2つの成分を配合したオブラル-Lは生理痛や生理不順、避妊などの効果だけでなく肌のハリやコシを取り戻したり、男性ホルモンの抑制によって抜け毛が収まるという効果も期待できます。

 

副作用のリスクが低く、頭痛や腹痛、食欲不振などの症状をもたらす以外に大きな症状を招くことはほぼありません。

ただし心臓や肝機能に障害を患った経験がある方や癌の発症経験がある方は使用を控えた方が良いでしょう。

他にも血流を圧迫させてしまう喫煙者も避けた方が良いでしょう。喫煙との併用は心筋梗塞や脳卒中などの血液循環に障害を与える重篤な病気を引く起こしてしまう可能性も秘められています。

 

 

用法・用量

月経が始まるまで待ち、始まった日から1錠ずつ服用。

3週間の投与と1週間の休養が1サイクル。

毎日決まった時間、1日1錠を服用。

2サイクル目も同様の服用方法を実践すること。

排卵抑制効果を感じられるまで継続可能ですが、変化が見られない場合は医師の診察を受けること。

 

 

効果・効能

避妊、生理痛、生理不順の改善、排卵抑制、卵巣がんの予防、急性骨盤内炎症性疾患の緩和、卵巣癌の抑制、子宮内膜癌の抑制など。

 

 

副作用

吐気、血栓症、食欲不振、腹痛、下痢、手足・ふくらはぎの痛み、乳房痛、ほてり、乳房肥大、動悸など。

*一般的使用における失敗率は9%との報告があります。

 

 

服用を控えたほうがよい方

 

・エストロゲン依存性悪性腫瘍の方

・乳癌の方

・子宮内膜癌の方

・異常性器出血のあるの方

・血栓性静脈炎の方

・糖尿病の方

・血栓性素因のある方

・心筋梗塞の方

・肺塞栓症の方

・抗リン脂質抗体症候群の方

・肝障害の方

・肝腫瘍の方

・脂質代謝異常のある方

・高血圧の方

・耳硬化症の方

・妊婦又は妊娠している可能性のある方

・その他持病を抱えている方

 


オブラル-L (OVRA003X21)

定価(税込)
¥2,180
販売価格(税込)
¥2,180
内容量
21錠
在庫状態
在庫有り
正規品100%保障!
数量