トリキュラー

トリキュラー
サキカ先生の商品説明

トリキュラー

 

 

 

トリキュラーは、卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されている経口避妊剤です。

 

性腺刺激ホルモンの分泌が抑制される為、排卵がとまり妊娠を避けることができます。

 

黄体ホルモンには、子宮内膜の増力抑える働きがあるので、子宮の入口にある頚管粘液の粘度を高めて精子の侵入を防ぐとともに、子宮内を受精卵が着床しにくい状態にします。

 

その他にも、生理不順生理痛、月経困難症(強い生理痛)、子宮内膜症の改善や卵巣がんの予防にも使えわれることがあります。

 

卵胞ホルモン薬エストロゲンと黄体ホルモン薬プロゲストーゲンの配合されている低用量ピルには、一相性ピルと段階型ピルという2種類のタイプがあります。

 

一相性ピルは、一定量のエストロゲンと一定量のプロゲストーゲンを21日間服用した後、七日間休薬するというサイクルを繰り返す方法です。

 

段階型ピルは、卵胞ホルモン薬エストロゲンと黄体ホルモン薬プロゲストーゲンの配合量を段階的に自然なホルモン分泌のパターンに近いで変化させていく方法で、28日間連続服用を1クールとして、服用を繰り返します。

 

段階型ピルは、自然なホルモン分泌のパターンに近いので、一相性ピルに比較して、体に無理がないのですが、服用する順序を確実に守らなくてはならない為、飲み間違えによって破綻出血が起こる恐れがあり、避妊効果が無くなってしまうこともあります。

 

 

一相性ピルは、すべて同じ配合量であるため、飲み間違えによるリスクはありませんが、休薬期間がある為、飲み忘れると、避妊の効果が無くなってしまいます。

 

トリキュラーには、どちらのタイプもありますので、ライフスタイルに合わせて、飲み間違い、飲み忘れしにくいと思われるタイプを選んで使用してください。

 

 

 

用法・用量

 

・トリキュラー錠21

赤いピルから開始して、1日1錠を定時に21日間連続服用し、7日間休薬するという周期を繰り返します。

 

・トリキュラー錠28

赤いピルから開始して、1日1錠を定時に28日間連続服用するという周期を繰り返します。

 

 

 

使用上の注意

 

・乳がんや子宮がんがある場合は、卵胞ホルモンによって悪化する恐れがあるので、服用できません。

 

・血栓性静脈炎、肺塞栓症の場合は、血栓を起こす確率が高いので、服用できません。

 

・35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人は服用できません。

 

・糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、重い高血圧症、脂質代謝異常、重い肝臓病、

 

・産後4週以内、妊娠中、授乳中の場合は服用できません。

 

 

 

副作用

 

吐き気、食欲不振、腹痛、下痢、乳房痛、乳房緊満感

 


トリキュラー (TRIQ315X21)

定価(税込)
¥1,580
販売価格(税込)
¥1,580
内容量
21錠
在庫状態
在庫有り
正規品100%保障!
数量