サンコードラッグ Top > 抗生物質・感染症 > クラビット・ジェネリック

クラビット・ジェネリック

クラビット・ジェネリック500mg
サキカ先生の商品説明

クラビット・ジェネリック

 

 

クラビットジェネリックはクラビットの成分と同様にレボフロキサシンが配合された感染症予防の抗生物質です。

広い用途に使われていますが、病原体の中でもウイルスやカビではなく細菌に対して有効な薬です。

成分が浸透することで細菌が死滅し、一時的に痛みや発熱が伴うケースがありますが、徐々に治まってきます。

 

副作用の少ない抗菌薬として使われているので、ペニシリン系などの抗生物質が体に合わないという方はこちらを使用してみると良いでしょう。

クラビット自体は一般的な日本の病院でも扱われているものなので、その薬を服用した経験がある方であれば副作用も無いと考えて問題ありません。

ただ併用が難しい薬でもあるので、もし現在、薬を他に服用している方は併用しても問題ない薬かどうかをしっかり理解してから服用する必要があります。

 

ステロイド系の薬やフルルビプロフェンなどの鎮痛薬との併用は禁止されています。

また胃腸薬との相性も悪く、クラビットの成分であるレボフロキサシンの効能が落ちると言われていますので、鎮痛薬や胃腸薬との併用は控えた方が良いでしょう。

 

そこまで重い副作用が現れるというものではありませんが、人によっては頭痛やめまいだけでなく、筋肉のひきつけや激しい腹痛などに見舞われてしまうケースも報告されていますので、注意が必要な抗生物質と言えます。

特に腎臓病や高齢の方は副作用が出やすい傾向にあるという報告があるので、もし使用する場合は医師に相談して服用量や服用する間隔をあけるなど適切な処置を行う必要があります。

 

ただ、正しい飲み方をすれば非常に効果的な抗生物質で、今まで他の薬を使って効果がないという人にも感染症対策に効果があるとされる薬です。

具体的には肺炎のクラミジ、マイコプラズマが改善されたという有効性も確認されていますので、治療が難しいとされた病気に対しての効果も報告されています。

 

 

用法・用量

症状により、服用量が変わります。

原則、錠100mgの場合は1日2、3回、錠250mg、錠500mgの場合は1日1回だけ服用します。

 

 

効果・効能

感染症及び細菌の免疫力助長、膿瘍の抑制。

代表的な例として、リンパ管・リンパ節炎、ざ瘡、外傷・熱傷、喉頭炎、扁桃炎、膀胱炎、腎盂腎炎、胆嚢炎、子宮内感染、副鼻腔炎、腸チフス、急性気管支炎、肺炎、歯周組織炎などに用いられる。

 

 

副作用

稀に発疹、下痢など。重篤なものは報告されていません。

稀にけいれんとアキレス腱障害などが起こります。

 

 

服用を控えたほうがよい方

・持病がある人

・アレルギーのある人

・妊娠中の人、またその可能性がある人

・てんかんなどのけいれん性の病気暦がある人

・重症筋無力症の人

・心臓病の人

・ステロイド薬を服用中の人

・アキレス腱障害の副作用が出やすい人

・臓器移植を受けた人

 

これらの経験がある人は病状の悪化または、再発のリスクがありますので使用には医師の診断を受けましょう。

 


注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
LQI250X010 クラビット・ジェネリック250mg (¥2,405) ¥1,850
入荷待ち 10錠 入荷待ち
LQI500X010 クラビット・ジェネリック500mg (¥2,730) ¥2,100
在庫有り 10錠
LQI750X005 クラビット・ジェネリック750mg (¥3,640) ¥2,800
在庫有り 5錠