サンコードラッグ Top > 抗生物質・感染症 > レボクイン(性感染症治療薬)

レボクイン(性感染症治療薬)

レボクイン250mg(クラビット・ジェネリック)
サキカ先生の商品説明

レボクイン(クラビット・ジェネリック)

レボクインはクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットと同様にニューキノロン系の抗生物質となっていて、非常に抗菌力が強いのが特徴です。

抗生物質には様々な種類がありますが、その中でもクラビットと同様にレボフロキサシンを含んだ成分が配合されています。

ニューキノロン系は広い範囲での感染症を防ぐ薬として使われていて、へんとう炎や気管支炎など呼吸器官に関する感染症、肺炎、子宮内感染など臓器や生殖器の感染症予防としても使用されている抗菌剤となっています。

一般的には咽頭炎や扁桃炎、角膜潰瘍などの処置を施すのに使用されていて、内科や呼吸器科で処方されるケースが多くなっています。

キノロン系の抗菌剤は細菌の増殖に関わっているタンパク質の生成を阻害し、細菌を抑制したり、死滅する効果があるとされています。

ただ、効果が強い反面、副作用の問題も指摘されていて、いきなりキノロン系の抗生物質を服用するのも注意が必要なので、過去にレボフロキサシンを配合したクラビットやレボクインを服用した経験がある方が服用した方が良いでしょう。

抗生物質でペニシリン系のものやセフェム系、マクロライド系の物が体に合わないなと感じたら、キノロン系に切り替えるのが良いでしょう。副作用は発熱や下痢が続いてしまうという報告がありますが、重篤な病気になってしまったという副作用がないので、そこまで心配する必要はない成分といえます。

用法・用量

症状、年齢、感染症の種類により、服用量が変わります。

原則、錠100mgの場合は1日2、3回の経口ですが、錠の場合は1日1回だけ服用します。

効果・効能

呼吸器系・尿路系腸管感染・化膿性疾患などの感染予防、抑制。

代表的な例として、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎などの喉の感染症、気管支炎・肺炎といった呼吸器の感染症に用いられます。

他にも肺炎、コレラ、中耳炎、炭疽、子宮内感染症など体の部位を限定するものではなく、多くの感染症治療に使用されます。

副作用

過敏症状、発疹、かゆみなどのアレルギー症状や日光過敏症など。重篤なものは報告されていません。

稀にのどの渇き、めまい、吐き気、便秘、不眠、頭痛、消化不良、口渇、口内炎、舌炎などが起こります。

服用を控えたほうがよい方

・持病がある人

・アレルギーのある人

・妊娠中の人、またその可能性がある人

・てんかんなどのけいれん性の病気暦がある人

・重症筋無力症の人

・心臓病の人

・ステロイド薬を服用中の人

・アキレス腱障害の副作用が出やすい人

・臓器移植を受けた人

これらの経験がある人は病状の悪化または、再発のリスクがありますので使用には医師の診断を受けましょう。


注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
LVQ250X010 レボクイン250mg 10錠 (¥1,378) ¥1,060
在庫有り 10錠
LVQ500X010 レボクイン500mg 10錠 (¥1,846) ¥1,420
在庫有り 10錠
LEVCL55T99 レボクイン500mg 10錠 (¥8,679) ¥8,679
在庫有り 100錠