アイピル

アイピル
サキカ先生の商品説明

アイピルの薬効・注意点

 

 

アイピルとは

 

・アイピルはインドの製薬会社、ピラマルヘルスケアから販売されている「緊急避妊薬」(モーニングアフターピル)です。

また、ノルレボのジェネリック薬品でも有ります。

錠剤タイプの飲み薬で、内容量は1箱1錠(1回分)になっています。

 

 

使用効果・効能

 

・アイピルは「レボノルゲストレル」を主成分・有効成分とした緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。

レボノルゲストレルは、黄体ホルモン(男性ホルモンを抑制する性質を持ちます。)剤としての効果を持ちます。

これにより、意図的に体内のホルモンバランスを乱し子宮内膜をはがす事により受精卵の着床を防ぎ、避妊の効果を発揮するのがこのアイピルです。

 

※通常の毎日決められた時間に服用をする形の「低用量ピル」と違い、アイピルはあくまで「緊急避妊用のピル」です。

 

性交渉後、直ぐにでも急いで使用しなければいけないような文字通り緊急の状態に服用をする薬品です。

 

 

服用方法

 

・1回1錠を水と共に服用する形で、「避妊が必要になった時」・「避妊に失敗した時」に用い、性交渉後、必ず72時間以内に服用を行うようにします。

・服用が早い程、避妊の効果は高くなり24時間以内の服用で有れば確立は95%以上になります。

・吐き気の副作用が出る恐れが有るので、事前に「吐き気止め薬」を飲むか、食事を取るかをした後で服用を行った方が良いです。

~アイピルを服用しても、1時間以内に吐いてしまうと効果は現れないのでもう一度服用を行う必要が出てきます。

 

一般的には、3日~1週間の間(遅くても3週間以内)に生理又は消退出血が有れば避妊に成功し、妊娠は回避したと考えられます。

※但し、次の生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合は妊娠した可能性が有るのその場合は、直ぐに検査を受けるようにしてください。

 

 

 

注意点と禁止事項

 

~以下の点に注意して服用を行わないと「副作用」や重大な疾患を起こす恐れが有ります。

 

・適量(決められた量)のみを服用する

(適量以上に服用しても、効果が現れる訳では有りませんし副作用を起こす恐れが有ります。)

・服用は性交渉後、72時間以内に必ず行うようにしましょう。

(時間を過ぎてからの服用では、効果は期待出来ません。)

・中絶薬では無いので、中絶薬としての効果は有りません。

・現在他に服用している薬品が有る方は、医師に相談をしてから服用をするようにしてください。

・使用により、副作用と見られる症状が現れた場合は直ぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

・服用に対して不安などが有る場合は、事前に医師に相談をしてから服用を行うようにしましょう。

 

 

 

服用禁止例

 

~以下の条件に該当する方は服用できません。

 

・既に妊娠している可能性の有る方

・過去にアイピルを服用して、不調を感じられた方

 

 

副作用

 

~以下のような副作用が現れる事が有ります。

これらの副作用については、1~2日間の内に通常収まりますがあまり症状が長引く場合は医師に相談をするようにしてください。

 

また、出血(消退出血)については服用後2日~1週間後で有れば問題有りませんが服用後直ぐの場合は、不正出血の恐れが有るので次の生理まで様子を見るようにしてください。

 

・頭痛

・吐き気

・嘔吐

・下腹部の痛み

・胸部の違和感

・出血(消退出血)

 


アイピル (IPILLC15X1)

定価(税込)
¥1,480
販売価格(税込)
¥1,480
内容量
1錠
在庫状態
在庫有り
正規品100%保障!
数量