ジバストAM

ジバストAM
サキカ先生の商品説明

ジバストAM

 

 

 

ジバストAMは、アムロジピン ベシル酸塩とアトルバスタチン カルシウム水和物配合剤という2つの有効成分が配合されたカデュエット配合錠のジェネリック医薬品で、高コレステロール血症を併発している狭心症、高血圧症の治療に使われています。

 

有効成分の一つであるアムロジピン ベシル酸塩には、血管を拡張する働きがあり、血圧を下げる効果、心臓を休ませる効果があります。

 

血管拡張剤として狭心症や高血圧症の改善をします。

 

もう一つの有効成分アトルバスタチン カルシウム水和物には、肝臓でコレステロールが合成されることをおさえ、LDLコレステロールを減少させる働きがあります。

 

血液中のコレステロールのうち、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールが減少すると、血管内に留まっているLDLコレステロールを肝臓に運搬する働きをするHDLコレステロールが増えるので、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症を改善し、動脈硬化を予防することができます。

 

 

 

用法・用量

 

・1日1回1錠(アムロジピン5mg、アトルバスタチン10mg)を服用します。

 

・高血圧症 効果不十分な場合には、アムロジピンとして1回10mgまで増量されることがあります。

 

・高コレステロール血症 アトルバスタチンとして1回20mgまで増量されることがあります。

 

・家族性高コレステロール血症 アトルバスタチンとして1回40mgまで増量されることがあります。

 

・用法・用量は、症状によって変わりますので、医師に指示に従って服用してください。

 

・過量に服用すると、著しく血圧が低下し、冷や汗、冷感、脈がはやくなる、動悸などの症状が引き起こされることがあります。

 

?・このような場合には、直ちに医師に連絡してください。

 

 

 

使用上の注意

 

・アムロジピン、アトルバスタチン、ジヒドロピリジン系化合物に対して過敏な反応をおこしたことのある人、この薬を服用することはできません。

 

・急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸などにより、肝臓の代謝機能が低下している人、妊娠中、授乳中の人、テラビックなどのテラプレビルが配合されているC型肝炎の薬を服用している人、ベザトールSR錠などのフィブラート系の高脂血症用剤を服用している人は、この薬を服用することはできません。

 

・低血圧、肝臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺機能低下症、筋ジストロフィーのある人、および高齢者は、副作用がでやすいので、医師の指示に従って慎重に服用し、異常を感じた場合は直ちに医師に連絡してください。

 

 

 

副作用

 

顔のほてり、頭痛、動悸、徐脈、胸の痛み、倦怠感、めまい、立ちくらみ、血圧低下、むくみ、歯肉の腫れ、胃の不快感、吐き気、腹痛、下痢

 


ジバストAM (sanko00192)

定価(税込)
¥4,980
販売価格(税込)
¥4,980
内容量
100錠
在庫状態
入荷待ち
正規品100%保障!
入荷待ち