サンコードラッグ Top > 美容・スキンケア > エフロラクリーム13.9%

エフロラクリーム13.9%

エフロラクリーム13.9%(ヴァニカクリーム・ジェネリック)
サキカ先生の商品説明

エフロラクリーム13.9%(ヴァニカクリーム・ジェネリック)

 

 

 

エフロラクリームは成分にエフロルニチンと呼ばれる成分が配合された除毛クリームとなっています。

男女どちらでも使用できる成分で、肌の気になる部位に毎日塗布し続けることで徐々に毛の成長が遅くなり、毛が細くなって抜け落ちていく効果が期待できるクリームとなっています。

 

例えばもみ上げの下部分、鼻下、顎、襟足、背中、指の毛など気になるところに塗布することが可能です。

顔に塗る事も可能ですが、成分の炎症がないかを確かめる意味でも、いきなり顔に塗布するのではなく、腕など目立たない部分に塗布して、最初は様子を見た方が良いでしょう。

 

このクリームに配合されているエフロルニチンですが、永久脱毛のような効果はありません。一時的に毛の成長を遅らせるというものです。

 

エフロルニチンはもともと違う処方に用いられていました。

腫瘍を抑制する効果や直腸ポリープの再発予防として用いられている成分です。

また、アフリカ睡眠病と呼ばれる感染症の対策としても用いられていますが、今では体毛の成長が遅れることが分かって、抑毛作用を取り入れたこのような除毛クリームが販売されています。

 

日本ではヴァニカクリームとして、エフロルニチンが配合されているものを使用している方も多いかもしれませんね。

毎日定期的に使用することで、徐々に毛の濃さや成長の抑制効果が見られると言われています。

 

男女兼用ですが、主に女性の方が使用しているクリームで、顔などの気になる部分に塗布するケースが多くなっています。

ただし、もともと傷や炎症がある部分に塗布してしまうと、肌荒れや赤みの原因となってしまうので、肌の状態が正常な時に行うようにしましょう。

 

 

 

用法・用量

 

1日2回(8時間以上の間隔を空けて)適量を除毛したい箇所に使用します。

 

*エフロラクリームを塗布する前に、該当部分をしっかりと洗浄してから行うこと。

*化粧や日焼け止めクリームなどを塗布する場合は、エフロラクリームが十分に乾燥してから使用すること。

*エフロラクリーム使用後、すぐ洗い落とさないように注意すること。(効果の減少につながります)

*使用量については別途、医師の指示を受ける。

 

 

 

効果・効能

 

無駄毛抑制、除毛作用

 

 

 

副作用

 

赤み、発疹、痒み、うずき、毛嚢炎など。

 

 

 

服用を控えたほうがよい方

 

・持病がある人

・エフロルニチンのアレルギーのある人

・妊娠中、授乳中の人、またその可能性がある人

・12歳以下の人

 

 

*使用後体調の異変を感じる方は使用を中止し、医師の診断を受けましょう。

 


エフロラクリーム13.9% (sanko00114)

定価(税込)
¥2,990
販売価格(税込)
¥2,990
内容量
15gm
在庫状態
在庫有り
正規品100%保障!
数量