フェミロン

フェミロン
サキカ先生の商品説明

フェミロン

 

 

 

女性が使用する避妊薬にもジェネリックのものが存在します。

 

「フェミロン」という医薬品をご存知でしょうか?

 

フェミロンはオルガノンより登場した低用量ピルとなっており、有効成分に「エチニルエストラジオール」と「デソゲストレル」を配合しています。

 

もちろんジェネリック医薬品ですので他のピルと同じような効果が得られ、価格がうんと安くなります。

 

フェミロンは低用量ピルの中でも副作用が出にくく、体への負担が少ないと言われています。

フェミロンは日本では認可されていませんので、個人輸入をしてくれる通販サイトなどから購入するかたちになります。

割引制度やポイント制度などを上手く利用すればさらに安く購入することも可能です。

 

個人で購入するのであくまでも責任は自分自身にあります。

 

病院に通うことなく気軽に手に入れることができますが、用量・用法は必ず守って使用するようにしてください。

それでも副作用などが心配という方は薬剤師や医師に相談の上、指示に従うようにしましょう。

 

 

 

チニルエストラジオールとは?

 

女性ホルモンのバランスを整え排卵の質を高める効果があります。

主に不妊症や乳ガンの治療などに用いられます。

 

持続性もあり、男性ホルモンであるアンドロゲンを抑える働きもあるのが特徴。一般的な女性ホルモン剤となっています。

 

 

 

デソゲストレルとは?

 

主に避妊薬などに使用される黄体ホルモンに似た物質です。

ホルモンバランスの乱れによる不正出血を抑え、生理痛などを緩和する効果もあります。

 

エチニルエストラジオールと同じくアンドロゲンを抑える働きもあります。

 

 

 

【服用方法】

 

フェミロンは1セット21錠となっています。

 

1セットを28日周期で服用するのですが、服用最初の1回目は月経の1日目からスタートしてください。

 

その後、残りのフェミロンを同じ時間に1日1錠服用し続けます。

 

1セット服用し終わった後は1週間以上服用を中止し、また月経の1日目から飲み始めます。

 

このサイクルを続けることによって排卵が抑制され、避妊効果が高まります。

 

 

 

【注意点】

 

1日1回同じ時間に服用することを忘れないでください。

 

同じ時間に飲み忘れると場合によっては1日2錠服用する事になり、さらに2日以上服用を忘れると効果が薄れてしまうので一旦服用を中止するようにしましょう。

 

その際は次の月経1日目より再スタートしてください。

 

妊娠中、授乳中、成分にアレルギー反応がある方、糖尿病、肺塞栓症の方は服用できません。

 

乳ガン治療にも用いられると説明しましたが、エストロゲン依存による乳ガンや子宮ガンの方も服用できませんので注意してください。

 

 

 

【副作用】

 

便秘や下痢、体重の増加などが挙げられますが、重度の場合だと血栓症を起こす可能性があります。

 

循環器系へ影響しますので喫煙者の方は特に注意が必要です。

 

ですが血栓症になるケースは極めて稀で、ほとんどの場合は体が自然とフェミロン服用に慣れていきます。

 


フェミロン (FMLN152X21)

定価(税込)
¥2,500
販売価格(税込)
¥2,500
内容量
21錠
在庫状態
入荷待ち
正規品100%保障!
入荷待ち