オエストロジェル

オエストロジェル
サキカ先生の商品説明

オエストロジェル

 

 

 

オエストロジェルは、更年期障害のある女性のために開発されたホルモン療法に使用する医薬品で外用薬となっています。

 

主成分であるエストラジオールは強いエストロゲン作用を持っており、女性ホルモンであるエストロゲンに分類されるステロイドホルモンです。

 

エストロゲンとは卵胞ホルモンのことをいい、体内で分泌されることで生理がくる・妊娠する・増毛・肌の水分量の調整・コラーゲン増加など美肌効果もあるため女性にとっては欠かせない女性ホルモンです。

 

更年期障害とは、閉経に近くなると卵巣機能が衰え始めエストロゲンの分泌が減少することにより体内のホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れて様々な症状がでる病気です。

 

脳から卵巣へエストロゲンの分泌を行うように指令を出しますが、卵巣機能の低下により対応ができなくなることで自律神経が乱れてしまい、疲れやすくなる・体のホテリを感じる・イライラする・夜眠れない・汗が異常に出る・動機や息切れがする・うつ症状がでるなどの症状が出現します。

 

更年期は閉経前後の10年間のことをいいますが、平均して閉経の時期が45~55歳頃であり、この更年期の時期に発症します。

個人差があり必ずしも更年期だから更年期障害がでるというわけでもありません。また、症状の程度も個人差があります。

 

更年期の時期ではなくてもストレスなどにより20代や30代の若年きでも更年期障害を発症する場合もあります。

 

閉経に伴い体内のエストロゲン分泌は減少されますので体調不良が起こりやすくはなりますが、日常生活にまで支障をきたすようになると更年期障害とよばれるようになり治療が必要な状態となります。

 

エストロゲンの分泌が減少しているため、体内に不足しているエストロゲンを補充するホルモン治療が必要となりますが、オエストロジェルは体に塗って皮膚からホルモンを体内に補充する更年期障害に有効な医薬品です。

 

これくらい我慢しなくちゃと甘く見ていると症状が悪化する可能性もありますので、更年期障害に似た症状が出ているなと感じた場合は医師の診断を受けるなど適切な対処を行うことが重要です。

 

 

 

用法・用量

 

手首や腕、肩に1日1回幅広く塗ってください。

 

 

 

使用上の注意

 

・使用前には医師のご相談ください。

 

・使用中にビタミンCを過剰摂取すると副作用が強まり血栓症を引き起こす可能性がありますので、ビタミンCの摂取は控えるようにしてください。

 

・使用中に異変を感じたら使用を中止し、医療機関への受診を行ってください。

 

 

 

副作用

 

塗った部分の肌の痒みやかぶれ・乳房の痛みい・食欲不振・腹痛など

 


オエストロジェル (sanko00124)

定価(税込)
¥3,280
販売価格(税込)
¥3,280
内容量
80g
在庫状態
入荷待ち
正規品100%保障!
入荷待ち