オムニトール

オムニトール 10mg
サキカ先生の商品説明

オムニトール

 

 

 

オムニトールは、アトルバスタチン カルシウムを有効成分とするリピトール錠のジェネリック医薬品で、脂質異常症の治療に使われています。

 

アトルバスタチン カルシウムには、肝臓でのコレステロールの合成を抑え、血液中のLDLコレステロールを減少させ、HDLコレステロールを増やす働きがある為、血中の脂質を調整して動脈硬化がおこることを抑制する効果があります。

 

脂質異常症(高脂血症、高コレステロール血症)には、中性脂肪のトリグリセライドが多い高中性脂肪血症、LDLコレステロールが多い高LDLコレステロール血症、HDLコレステロールが低い低HDLコレステロール血症があります。

 

このうち、LDLコレステロールは、いわゆる悪玉コレステロールと言われているコレステロールのことで、本来は、身体の各部分に、血液の流れに乗って細胞や細胞膜に必要なコレステロールを運搬する働きをしているのですが、血管内に長くとどまってしまうと、糖と結合して酸化し血管壁の中に入り込み溜ってしまうので、血管内壁にこぶを作り、血管を狭めて、血液の循環を阻害します。

 

この状態が動脈硬化の始まりです。

 

 

HDLコレステロールは、善玉コレステロールと言われるコレステロールで、余ったコレステロールを細胞壁から運び出して、こぶを作らないようにする働きをします。

 

これらのコレステロールのうち、LDLコレステロール値 が140mg/dl以上であれば、高LDLコレステロール血症、HDLコレステロール値 40mg/dl未満であれば、低HDLコレステロール血症であり、中性脂肪が150 mg/dl 以上であれば、高中性脂肪血症です。

 

どのタイプの脂質異常症であっても、血管が狭まったり、脆くなったりして状態が悪くなり、全身の血液の循環が滞るので、高血圧、糖尿病などの成人病を引き起こします。

 

また、動脈硬化が進むと心臓にも負担がかかるので、狭心症や心筋梗塞などの重篤な病気の原因になったり、血管が破裂して、脳梗塞、脳出血などを引き起こしたりします。

 

脂質異常症(高脂血症、高コレステロール血症)には、遺伝的な原因で発症する家族性脂質異常症と、食生活、生活習慣によって発症する脂質異常症があります。

 

食生活、生活習慣によって発症する脂質異常症である場合には、偏った食生活、不規則な生活習慣、運動不足などの改善を心がけることが非常に重要です。

 

 

 

用法・用量

 

・1日1回1錠(10mg)を服用します。

・通常の脂質異常症の場合は、20mgまで、家族性脂質異常症の場合には、40mgまで増量することができます。

・用法、用量は症状に応じて変える必要がありますので、医師に指示に従って服用してください。

 

 

 

使用上の注意

 

重い肝臓病の人は、症状を悪化させる恐れがある為、この薬を服用することはできません。

 

 

 

副作用

 

肝機能値の上昇、肝障害、吐き気、腹痛、下痢、頭痛、不眠、発疹、かゆみ

 


注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
sanko00130 オムニトール 10mg (¥3,260) ¥3,260
入荷待ち 30錠 入荷待ち
sanko00131 オムニトール 20mg (¥4,914) ¥3,780
入荷待ち 30錠 入荷待ち
sanko00132 オムニトール 40mg (¥5,564) ¥4,280
入荷待ち 30錠 入荷待ち