サンコードラッグ Top > 鎮痛剤・痛み止め > タケプロン・ジェネリック

タケプロン・ジェネリック

タケプロン・ジェネリック15mg
サキカ先生の商品説明

タケプロンジェネリックの特徴

胃酸を抑制する効果がり、主成分はランソプラゾールになります。
このランソプラゾールが、胃酸を分泌する所に作用して効果を発揮します。
胃酸の分泌を抑えるで、胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎なの胃腸全般の治療に幅広く使われている薬です。

タケプロンジェネリックの商品詳細

タケプロンジェネリックはPPI(プロトポンプ阻害剤)薬剤といい、胃酸を分泌する蛇口の様な所がプロトポンプといい、直接そこに作用する事で強い効果を発揮します。
大きく開いた蛇口を閉めて胃酸のでる量を調整してくれるとイメージして下さい。
胃酸が分泌されにくくなると、胃や腸への刺激が弱まるので、胃腸症状も早く改善されます。
その他にも胃酸の分泌を抑える事で、胃の中のPhを上昇させ、同時に使用する抗生物質や抗原虫剤の抗菌力を高める事からへリコバクターピロリの治療の時にも処方される事が多いです。
服用停止後も個人差はありますが、数日~1週間程度胃酸の分泌を抑制する効果が持続する結果もでています。
これだけ強く長く効果が持続する薬の為、消化性潰瘍や逆流性食道炎の治療に一番多く選ばれている薬となっています。

タケプロンジェネリックの使用方法

朝食前・同じ時間に飲む事をお勧めします。
病状別服用
  • ・胃潰瘍・十二指潰瘍・吻合部潰瘍Zolinger-Elison症候群の場合
  •  1回30mgを1日1回経口投与
     胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする
  • ・逆流性食道炎
  •  1回30mgを1日1回経口投与・・・通常8週間まで投与
  • ・ヘリコバクターピロリの除菌補助
  •  1回30mgを1日1回経口投与
  • .タケプロンジェネリックの効果と副作用
胃酸の分泌を抑制する効果がある為
胃潰瘍 十二指腸潰瘍 吻合部潰瘍 逆流性食道炎 Zolinger-Elison症候群や
胃痛の一番の原因菌となるヘリコバクターピロリ菌の除菌の補助
胃酸からくる吐き気などにも効果が見られます。

副作用については

主に言われているのが肝臓数値の上昇・下痢・軟便があります。
稀に重大な副作用として挙げられているのが、アナフィラキシーショック・肺炎などがあります。

タケプロンジェネリックの注意点

飲み忘れに気づいた時は直ちに服用するようにして下さい。
ただし、次の服用時間が近い時には忘れた分を服用しないで次のタイミングでその分だけを服用して下さい。
間違っても2回分を一度に服用する事は絶対しないでください。
長期服用しても改善が見られない場合は医師にご相談して下さい。

タケプロンジェネリックの併用禁忌

抗エイズウイルスの薬を服用している人は服用しないで下さい。
呼吸の低下や抗エイズウイルス薬の効果を弱めてウイルスの活動を抑制できなくなりエイズの発症につながる危険性がありますのでご注意下さい。
抗エイズウイルス薬を優先して飲んで下さい。
また、効果が弱くなったり強すぎたりする飲み合わせもありますのでご注意下さい。

タケプロンジェネリックの保管方法

高温多湿をさけて、乳幼児の手の届かない所に保管しておいて下さい。
基本は室温保存(1~30℃)で問題ありません。
処方された分に関しては完全に処方をされ日数で飲み切って下さい。
残った薬は保存にしておくのではなくきちんと廃棄をして下さい。
廃棄せず期限が過ぎた薬を服用しても効果がです悪化する可能があるので注意して下さい。

注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
sanko00241 タケプロン・ジェネリック15mg (¥2,980) ¥2,980
在庫有り 100カプセル
LAN030X100 タケプロン・ジェネリック30mg (¥5,564) ¥4,280
在庫有り 100カプセル