ガバピン300mg

ガバピン300mg(ガバペンチン・ジェネリック)
サキカ先生の商品説明

ガバピン300mg(ガバペンチン・ジェネリック)

 

 

 

ガバピン300mg(ガバペンチン・ジェネリック)は、ガバペンチンを有効成分とするガバペン錠のジェネリック医薬品で、てんかんの発作を予防する為に使われています。

 

てんかんには、仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷などにより、脳に障害や傷を負ったことによっておこる症候性てんかんと異常がないにもかかわらずおこる原因不明の特発性てんかんがあり、発作の起こり方には全般発作と部分発作があります。

 

全般発作とは、脳全体の神経から電気信号が過剰に発射されておこる発作で、ガクガクと全身がけいれんする強直間代発作、突然に意識消失し、すばやく回復する単純欠神発作、全身の筋肉の緊張が高まる点頭発作、全身の力が一瞬でなくなり倒れる脱力発作、様々な症状を起こす複雑欠神発作がありますが、ガバペンチンはこのような全般発作の治療、および予防には使われません。

 

脳の一部から始まる意識はたもたれている単純部分発作、意識が消失する複雑部分発作、部分発作から始まり、全身のけいれんが起こる二次性全般化発作といった、部分発作の予防に使われる薬です。

 

ガバピンの有効成分であるガバペンチンには、興奮性神経伝達物質の放出を抑制する働きがあるので、他の抗てんかん薬の補助として服用することで、発作を起こす頻度が減少します。

 

 

 

用法・用量

 

【13歳~成人】

・開始時 1日目1日に600mg、2日目1日に1200mgを3回に分けて服用します。

 

・維持量 (3日目以降)1日に1200mg~1800mgを3回に分けて服用します。

 

・服用限度量 1日最高服用量は2400mgまでです。

 

 

【3~12歳の小児】

・開始時 1日目1日に10mg/kg、2日目1日に20mg/kg 00mgを3回に分けて服用します。

 

・維持量 (3日目以降) 3~4歳の幼児の場合は1日に40mg/kg、5~12歳の小児の場合は、1日に25~35mg/kgを3回に分けて服用します。

 

・服用限度量 1日最高服用量は50mg/kgまでです。

 

 

※用法、用量は年齢、症状に応じて変える必要がありますので、医師に指示に従って服用してください。

 

 

 

 

使用上の注意

 

・腎臓病のある人、高齢の人は薬の排泄が遅れがちになる為、服用間隔に注意して服用してください。

 

・薬の効果と副作用を観察しながら処方されますので、医師に指示された用法、用量を守り、血中濃度が常に一定に保たれるようにしてください。

 

・てんかんの治療の場合、長期に服用を継続しなくてはならないので、医師の指示に従って服用を続け、症状の改善が見られない、症状が悪化したというような時には、その都度医師に相談してください。

 

・自己判断で服用を中止したり、薬の服用を忘れたりすると、重い発作が起こる恐れがありますので、ご注意ください。

 


ガバピン300mg (sanko00139)

定価(税込)
¥6,280
販売価格(税込)
¥6,280
内容量
100錠
在庫状態
在庫有り
正規品100%保障!
数量