サンコードラッグ Top > 高血圧・糖尿病 > リピトールジェネリック

リピトールジェネリック

リピトール・ジェネリック20mg
サキカ先生の商品説明

リピトールジェネリック

 

 

 

リピトール・ジェネリックは、アトルバスタチン カルシウムを主成分とするリピトールのジェネリック医薬品で、高脂血症の治療に使われています。

 

アトルバスタチン カルシウムには、血液中にコレステロールが増えすぎた為に発症する高脂血症を改善する働きがある為、血液中のコレステロールを減少させる効果があります。

 

高脂血症は、自覚症状がほとんどない為、いつの間にか動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞などの血液の循環が順調におこなわれなくなったために発症する様々な病気を引き起こす原因となる怖い病気です。

 

アトルバスタチン カルシウムは、肝臓でのコレステロールの合成を抑制して悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させて、血液中のコレステロールを減らすため、心筋梗塞の予防に加え、高血圧や糖尿病の改善にも役立ちます。

 

 

 

用法・用量

 

・高コレステロール血症(食事内容、食生活、生活習慣などが原因で発症した高脂血症)

成人:10mgを1日1回服用します。重症の場合は1日20mgまで増量します。

 

 

・家族性高コレステロール血症(遺伝によって発症した高脂血症)

成人:10mgを1日1回服用します。重症の場合は1日40mgまで増量します。

 

※用法・用量は年齢、症状によって変わりますので、医師に指示に従って服用してください。

 

 

 

使用上の注意

 

・併用する薬によっては、副作用がおこる場合がありますので、服用中の薬がある場合はあらかじめ医師に伝えてください。

 

・C型慢性肝炎治療薬のテラプレビルと併用して服用すると、副作用で横紋筋融解症がおこる可能性が高くなります。

 

・アルコールの過剰摂取も、副作用で横紋筋融解症がおこる可能性が高くなります。

 

・フィブラート系高脂血症治療薬のベザフィブラート、免疫抑制薬のシクロスポリン、抗真菌薬のイトラコナゾール、マクロライド系抗生物質のエリスロマイシンなどは、副作用をおこす恐れがあるため、服用には厳重な注意が必要です。

 

・病状が悪化する恐れがあるので、重い肝臓病がある人は、リピトールを服用することはできません。

 

・胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性がある為、妊娠中の人は、リピトールを服用することはできません。

 

・肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症、筋ジストロフィーの人は、注意深く服用する必要があります。

 

・グレープフルーツジュースを摂取すると、アトルバスタチン カルシウムの血中濃度が上がる恐れがあります。

 

・リピトールを服用することで、摂取したコレステロールが全て解消されるわけではありません。基本的には、適切な食生活と規則正しい食事時間を守ること、禁煙、アルコールの量の制限がコレステロールの減少と、心筋梗塞の予防につながります。

 


注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
sanko00405 リピトールジェネリック5mg (¥4,027) ¥3,098
入荷待ち 30錠 入荷待ち
ATRLP20X10 リピトールジェネリック20mg (¥2,850) ¥2,850
売り切れ 10錠 売り切れ