ディフェリン

ディフェリン・ジェネリック
サキカ先生の商品説明

ディフェリン・ジェネリック

 

 

 

ディフェリン・ジェネリックは、アダパレン0.1%を有効成分とするニキビの治療と予防に使われる外用薬です。

 

ニキビには、思春期に男性ホルモンが増え、皮脂が過剰に分泌されたことが原因でできる思春期ニキビと肌の新陳代謝が順調におこなわれなくなり、角質に異常がおこることが原因でできる大人ニキビがあります。

 

このどちらのニキビも、酸化した皮脂が毛穴に詰まり、毛穴の中で皮脂と角質が混ざってコメドという塊ができてしまうことはニキビの始まりで、毛穴が開いた状態で、肌の表面に見えているコメドが黒ずんでいる黒ニキビや、毛穴が膨らんで黄白色になる白ニキビになります。

 

そして症状が進むと、毛穴の中でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こして赤く腫れる赤ニキビになり、さらに化膿してしまうこともあります。

 

 

ディフェリン・ジェネリックは、有効成分であるアダパレンが、毛穴を防ぐ角質細胞の発生を抑制する働きをするので、ニキビの治療と予防に効果的です。

 

ニキビは、毛穴の中に詰まって炎症の原因となっているコメドを押し出してしまいがちですが、そのような方法をとると、肌に負担を与え、色素沈着をおこしてしまうことが多いので、ニキビ跡になる可能性が非常に高くあります。

 

ニキビ跡を作らない為には、ニキビの治療薬を塗布し、角質改善をして、毛穴は詰まらないようにすることが大切です。

 

アダパレンには、即効性がないので、継続して使用することで、ニキビの治療と予防に効果を発揮します。

 

また、ニキビの治療には、医薬品を塗布すること以外に、適切な酸元方法での洗顔、食生活と生活習慣を改善することが必要です。

 

ニキビができると、ニキビ用の洗浄力の強い洗顔料を使いがちですが、大人ニキビの場合、洗浄力の強い洗顔料を使用すると悪化する恐れがありますので、通常の洗顔料で洗顔し、外用薬を塗布する方法で治療することが、肌にかける負担を軽減できます。

 

 

 

用法・用量

 

就寝前に、ニキビに塗付する。

 

 

 

使用上の注意

 

洗顔後の清潔な肌に塗付すること。

 

 

 

副作用

 

・肌の赤み、かゆみ、ピリピリした痛み

・乾燥、落屑(まだ剥がれおちないはずの未熟な角質が剥がれてしまうこと)

 

これらの副作用は、8割以上の人に現れる症状で、ニキビを治療していく段階で避けては通れない症状とも言えます。

 

この段階で、薬の使用を中止し、他の方法での治療に切り替えるということを繰り返すことによって、ニキビを悪化させてしまう人も多くいます。

 

副作用が正常な副作用であるのか、アレルギーなどによる異常な副作用であるのかを医師と相談しながら、この時期を乗り越えることが、ニキビ治療のポイントです。

 

副作用が皮膚の正常な反応によるものであれば、薬による副作用は、1か月程度で治まり、ニキビは徐々に治癒していきます。

 

 

ただし、アレルギーによる副作用である場合には、直ちに使用を中止する必要があります。

 


ディフェリン (ADACLN15X1)

定価(税込)
¥2,150
販売価格(税込)
¥2,150
内容量
15gm
在庫状態
入荷待ち
正規品100%保障!
入荷待ち