サンコードラッグ Top > 抗生物質・感染症 > クロトリマゾールローション

クロトリマゾールローション

クロトリマゾールローション
サキカ先生の商品説明

クロトリマゾールローション

 

 

 

クロトリマゾールローションは、真菌を殺菌するクロトリマゾールが配合されたイミダゾール系の抗真菌薬で、水虫、カンジダ、癜風の治療に使われています。

 

真菌というのは、カビの一種で、ウィルスや細菌よりも大きく、人の細胞に定着して感染し、出芽や分裂を繰り返して増殖して、感染症を進行させるものです。

 

たくさんの種類がありますが、人に感染する主な真菌には白癬、カンジダ症、アスペルギルス症(癜風)があり、ほとんどの場合、接触によって皮膚から感染し、ゆっくりと進行し、重症になることはありません。

 

白癬菌は皮膚に接触感染する真菌で、手、足、頭部、腿の内側などに発症します。

 

白癬菌は、高温、多湿な環境を好むので、皮膚と皮膚が常に接触しているような部位や、帽子や靴などによって風通しの悪い皮膚が蒸れるような環境で発症したりします。

 

足にできる白癬は水虫で、多くの人が感染していますが、その他にも頭部にも感染します。

 

頭部の白癬はシラクモと言われる感染症ですが、発見しにくいので、フケや抜け毛が増えたことで気が付く人もいます。

白癬菌による感染症は、接触感染ですので、タオルやスリッパ、足ふきマットなどから家庭内感染をおこしやすい感染症です。

 

家庭内で感染者が出た場合には、スリッパや足ふきマットに白癬菌が繁殖してしまうので、共用しないこと、常に清潔に保つことが必要です。

 

カンジダ菌は、人間の常在菌の一種で、普段は無害ですが、抵抗力が落ちたり、ホルモンのバランスが乱れたりすると、活発に活動を始め、カンジダ症を発症します。

 

カンジダ症には、指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎、膣ガンジダなどがあります。

カンジダ症を発症した場合には、綿などの通気性の良い下着を使用すること、入浴時に痒みがある部分に洗浄力の強い石鹸をつけて強く洗わないこと、タオルなどを共用しないことに気を付ける必要があります。

 

癜風菌もカンジダ菌と同じように常在菌の一種で、高温多湿な環境になると増殖して発病します。

汗をかきやすい人、肥満の人には発症しやすい感染症です。

 

真菌による皮膚感染症は、どの感染症も患部を清潔で、乾燥した状態に保つことが大切です。

 

 

 

使用方法

 

・1日に2~3回 感染した部位に塗付します。

 

・塗布する前には患部を清潔にし、清潔な手指で塗布してください。

 

・塗布した後は、手指を洗浄してください。

 

・完治までに時間がかかりますので、医師に指示に従って、使用を継続してください。

 

 

 

副作用

 

かぶれ、痒み、赤み

 


クロトリマゾールローション (sanko00163)

定価(税込)
¥3,580
販売価格(税込)
¥3,580
内容量
20ml
在庫状態
入荷待ち
正規品100%保障!
入荷待ち