サンコードラッグ Top > 鎮痛剤・痛み止め > タケプロン・ジェネリック30mg

タケプロン・ジェネリック30mg

タケプロン・ジェネリック30mg
サキカ先生の商品説明

タケプロン・ジェネリック30mg

 

 

 

インタスファーマ社より開発された「タケプロン・ジェネリック」は胃酸の分泌をコントロールし、胃潰瘍や流動性食道炎による胸焼けや胃の痛みを和らげ、症状を治りやすくするための医薬品となっています。

 

胃酸の分泌機能である「プロトンポンプ」にタケプロン・ジェネリックの有効成分「ランソプラゾール」が直接作用することによって胃酸の分泌を抑制→胃粘膜への刺激が少なくなります。

 

 

通常、胃酸は胃の中に入ってくる悪い菌などをやっつける働きがありますが、胃腸自体が弱っていると強すぎる胃酸が胃粘膜を傷つけてしまい、胃潰瘍や流動性食道炎を引き起こすきっかけを作ってしまいます。

 

胸焼けや胃の痛みを感じやすい場合は胃腸自体が弱っている可能性があるのでタケプロンジェネリックなどの胃薬を服用し、胃酸の分泌を抑制してあげてください。

 

タケプロン・ジェネリックが効果を発揮する病気は胃潰瘍や流動性食道炎、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌の除菌などです。

 

 

胃に負担をかけてしまう事とは

 

胃腸が弱ってしまうと胃酸による胃粘膜へのダメージが蓄積され、胃潰瘍などの病気を発症する原因になってしまいます。

 

胃腸は精神的ストレスなどでも弱まってしまいますが、日常生活においても知らず知らずのうちに胃に負担をかけてしまっているのです。

 

まずは「咀嚼」。食事する際、普段からよく噛んで食べていますか?良く噛まずに食べた物を胃に送ると消化する時間もかかってしまうので胃に負担をかけやすくなります。また、冷たい食べ物や飲み物を摂取しすぎるのも良くありません。

 

よく、「アイスの食べ過ぎでお腹をこわした」なんて話しを聞きますが、これは温度低下によって胃の働きが低下してしまっているからなのです。

 

胃腸などの消化器が最も活発に働く温度は37度前後と言われているので、冷たいものの取り過ぎには注意してください。

 

喫煙やアルコールも胃の壁に穴をあけたり、胃酸の分泌バランスを崩してしまうので良くありません。

 

胃が弱っている時には「刺激物」も厳禁。胃酸により胃が弱っていたり、荒れているときに辛い物や脂っこい物を摂取すると消化不良を起こす原因になっていしまいます。

 

 

 

【使用方法】

 

症状によって服用量が異なります。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合は成人で1日1回1錠を摂取するようにしてください。治療には最低でも6週間以上かかります。

 

 

 

【注意点】

 

タケプロン・ジェネリックでアレルギー反応が出た方はすぐに服用を中止し、病院を受診するようにしてください。

 

 

 

【副作用】

 

かゆみや便秘、下痢、発疹などの副作用がありますが、完全な副作用ではありません。

 


タケプロン・ジェネリック30mg (LAN030X100)

定価(税込)
¥4,280
販売価格(税込)
¥4,280
内容量
100カプセル
在庫状態
在庫有り
正規品100%保障!
数量